[夢占い]夢の中でトイレに行くとはどういう意味ですか? 夢の診断

[夢占い]夢の中でトイレに行くとはどういう意味ですか? 夢の診断

トイレに行くことを夢見ることは、現実的な効果と反応、そして夢想家の主観的な想像力を持っています。ここでは、夢の神のリファレンスブックがこの夢の意味を説明します。

通常、トイレに行くことを夢見ることは、尿を抑えることによって引き起こされます。尿を持たずにトイレに行くことを夢見ているなら、次の夢の兆候があります。

男は公共のトイレで排便することを夢見ています。つまり、彼は病気になるでしょう。

女性が公共のトイレでの排便を夢見るとき、彼女は屈辱を与えられ、差別されます。

トイレで排尿することを夢見ることは、すべての困難が過ぎ去ることを意味します。

患者はトイレで排尿することを夢見ていました、そして体は間違いなく回復するでしょう。

心理的な夢の解釈

夢の解釈:トイレは汚くて確実性の欠如の象徴です。夢の中のトイレは、秘密の必要性と、自分の空間で自由に感情を発散したい、またはセックスの満足感を表現したいという願望を象徴しています。

心理学的分析:壊れたトイレを夢見ることは感情的に妨げられるかもしれません。なじみのないトイレに足を踏み入れることを夢見ていると、なんらかの方法が見つからないかもしれません。汚れたトイレを掃除することを夢見るために、あなたはあなたの抑制された行動をあきらめなければならないかもしれません、さもなければあなたは不運に苦しむでしょう。公共トイレでの排便を夢見ている男性は、病気の可能性があることを示しています。女性は公共のトイレでの排便を夢見ています。これは、彼女が汚名を着せられ、差別される可能性があることを意味します。トイレで排尿することを夢見ることは、すべての困難が過ぎ去ることを意味します。女性は自分のトイレで排尿することを夢見ており、優れた主婦になることを示しています。患者は自分のトイレで排尿することを夢見ていました、そして体は回復しました。服が排泄物で汚れることを夢見て、お金の面での財産が増え、新たな収入が期待できます。おそらく収入に加えて、パートタイムの収入もあります。体に糞をつけたり、足を踏んだりすることを夢見ると、幸運が訪れ、すべてが実現します。

トイレに行くことを夢見た事例研究

夢の説明:遊びに出かけるときにトイレに行きたいと夢見ていた男性が、小さな家に入った。ドアを開けてみると、中には広いスペースがあり、ドアが2つあることに気づきました。彼は3つの仕切りがある左側のドアに入り、次に仕切りのドアを1つずつ開けました。 3つはすべてトイレで、最初の1つは汚れたトイレであることが判明し、彼は選択しませんでした。 2番目の部屋はとてもきれいに見えたしゃがんだトイレで、3番目の部屋のドアは彼によって開かれていませんでした。彼は2番目のものを選びました。彼がトイレに行ったとき、彼はトイレに排泄物があることに気づきました。

夢の分析:トイレに行くときに汚れを見るのを夢見ると、排泄物や尿で汚れた人が富を得るという夢の中で、夢の中で便でいっぱいの地主が金持ちであるため、近い将来ある程度の利益があることを示しています。農民が春に種を蒔き、秋に収穫するのは当然のことです。豊作には施肥が必要ですが、もちろん肥料が好ましい肥料です。人の代謝がスムーズであれば、腸の動きは自然にスムーズです。黄色い糞を夢見ることは富と豊かさの象徴であり、それがとても臭いのであれば、それは良い夢です。バスルームにスツールがあふれるという夢は、富を引き付けるお金の夢です。バスルームにスツールが溢れるという夢は、ハードワークで富を得る代わりに、予期せぬ暴風雨に見舞われることを意味します。

生活必需カテゴリの最新記事